双極休職日記(再)一週目



こんにちは。

休職日記、一週間を過ぎてしまいましたがおおよその経過を。

病休による休職 一週間の状況 まとめ

アプリに気分を記録する

75点。
7日/11日 達成。7割には届いていません。
ただ、そのくらいあれば十分及第点ではないでしょうか。

活動を採点する

65点。
必ず同業他社への試験勉強を毎日していましたし、他のことも些細なことではありますが、勉強をしていました。
計画的かは分かりませんが、最低限のノルマをこなした仕事をしていると思います。

コミュニティに顔を出す。

55点。

行ってません。
ただ、他のコミュニティで知り合った人を介して、ドイツの最高峰大学の博士課程の院生の方とお話させていただきました。

そこは日本でいう東京大学のようなところ、創立も十四世紀です。こんな風に僕が転落しなければお話する機会もなかったでしょう。
楽しかったです。

食費月15000円に抑える。

45点。
無理です。

20000円に下方修正します。あと、既に記録を取れていません。
ただ、120円程度のカップ焼きそばをほぼ毎日昼食にしていましたので、恐ろしくオーバーな数字にはなってないと思います。

記録に関してはリビングに入るドアの前に封筒を張りました。

さすがに入れると思うのですが。

統括

最初の一歩としては、不合格ではない。というところでしょうか。

ここで自分を肯定的に評価するのは生ぬるいとは思いますが、変に負荷をかけてつぶれるよりはましでしょう。

最低限ではありますが、自分を誉めていいのではないでしょうか。
羅針盤をきちんと見つめながら動こうとしているのですから。

休職日記 来週以降はどうするの?

アプリに体調記録

なるべく多くの項目を。出来るだけ抜けなく。
最低限、気分は毎日入力。
後で自分の体調を客観的に分析できる資料になりうるものです。

計画的に行動

正直、色々と混乱しています。
何が自分にとって適切なのか、分かっていません。

将来の選択肢が少しでも具体的になれば及第点とします。

節約

とにかく記録を付けます。
あと、20000円に収められるように頑張ります。仮想ですが。

ダイエット

ランニングか筋トレのどちらかは必ず行う。
夕食は二日に1回は炭水化物を抜く。
三日目の夕食からお腹が空きすぎて、何にも集中できなくなってしまうからです。

総合

これ、公開する意味があるのか迷っています。
誰かにとって意味のあるものなのか。

特に前回の5か月まとめの無理矢理な稚拙さは、目に余ります。

計画をもって何かに臨んだほうが良いのは間違いないのですが、何をすればいいのか正直分かりません。

ただ、立ち止まっているくらいなら何かをすべきでしょう。

最後に

あまりポジティブなことだけを書くのも大事です。
そのゴールに辿り着こうとすることも大事です。

ただ、本当のゴールのことも頭の片隅に入れておくべきだと思っています。

僕は何もつかめないだろうし、何も成し遂げられないだろうということです。
ただ、いきなりその結論に達するのは耐え切れません。
だから「頑張ってみたけど駄目だった」という形をとる必要があると思うのです。

例えば、病気になった大木を生かすためにもう駄目な枝は切り落としていくという治療法があります。

同じように、自分の可能性の中でも駄目そうなところから切り落とし、じゃあ他のところを狙ってみるけど駄目だった。じゃあ、そこも切り落とし…。
ということを繰り返し、最後には僕という枝はもう何の可能性もないという事実へと落ち着く。

なんとなく、そういう本当の着地点を視界の隅に入れておく必要があると思うのです。その時のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です