The Caveman.のアルバムについて。エレガントでソウルフル、オーガニックな都市型ハイライフ

こんにちは。

The Cavemanはナイジェリアで結成されたベーシストKingsley OkorieとドラマーBenjamin Jamesから成る兄弟ユニットです。

https://djbooth.net/features/2021-01-07-the-cavemen-roots-highlife-interview-audiomack

20世紀初頭にガーナで生まれたハイライフ・ミュージックを現代的にアップデートしたサウンドが、彼等の特徴です。ネオソウルの影響を取りこんだアフリカン・テイストなポップミュージックを、洗練された感性を通して奏でています。

ハイライフらしいチルな雰囲気を保ちつつ、時にアブストラクトな一面を見せることもあり。多彩な音楽的バックボーンを贅沢にブレンドしたサウンドが、芳醇な響きをゆったりと紡いでいます。

(ハイライフhighlifeはジャズとアフリカの伝統音楽を組み合わせたガーナ生まれのポップミュージックです。割と牧歌的でほっこりしたサウンドが多い印象を受けます。若いナイジェリア人にとっては古き良き長閑な時代をイメージさせる音楽なんだそうです)

ラブソング、年上の世代への反発・政治的な状況への抵抗など幅広い内容の楽曲が揃っているようです。

2022年1月現在、The Caceman.は2作のフルアルバムをリリースしています。
本記事では、その全てを紹介します。

The Caveman.のアルバム紹介

リリース順にアルバムを見ていきますが、文字だけでは分かりにくいと思って相関図を作成してみました。

では、本題に入りましょう。

(1st)Roots

ハイライフらしいチルなサウンドと、ネオソウルの都会的な艶やかさ。その二つが溶け合ったサウンドが終始展開されています。

多様な音楽的フレーバーが芳醇に混ざり合いつつ、オーガニックな広がりを常に感じさせる。そのバランス感覚は妙なる感性の賜物と言えるでしょう。


軽やかにうねるベース、陽気なビートを叩くドラムス/パーカッション。軽快な旋律やゆったりとした浮遊感を紡ぐキーボード・管楽器。優しい響きを湛えた男性ボーカル。シンプルで心が軽くなるようなサウンドを基調としていますが、コンシャスで洗練された雰囲気を絶えず帯びている点に注目に値します。

また、時折D’angeloのようなドープさを垣間見せる瞬間もあり、新しいことを成そうとする鋭さが感じられるのは、間違いなく本作の魅力です。

チルなのに研ぎ澄まされている。本来は矛盾する要素が違和感なく混ざり合い、複雑な色彩の音楽として再臨しています。現地では若者から支持を集めているそうですが、本作はナイジェリアの若者の空気感を捉えた作品なのかもしれません。

ナイジェリアのハイセンスなユースカルチャーに思いを馳せたくなるアルバムです。

(2nd)Love and Highlife

The Caveman.らしいくつろいだ雰囲気を残しつつ、前作よりディープさを深めた作品です。

シンプルだった前作よりもサウンド的なアクセントが増えており、彼等の豊富な音楽的ボキャブラリが匂い立つ知性的な一面も感じられます。

ダンサブルな衝動を胸の奥にしまい込み、陽気な雰囲気を醸し出しつつ、ヒリヒリするようなオーガニックビートをじっくり蠢動させているのが特徴です。


ハイライフらしいアフリカンでのどかな空気感はアルバムを通して通底しています。しかし、時にタメを利かせるアブストラクトなビート感覚と都会的なムードが、洗練と先鋭の香りをちょうどいい塩梅に焚きこんでいます。ハウス的なニュアンスを感じさせる瞬間があるのも、特筆すべき点かもしれません。

艶やかな歌声の男性ボーカル、詠うようにうねるベースライン、軽やかにゴキゲンなムードを生むドラムス/パーカッション、前作よりもやや存在感が強まった管楽器・シンセ・ギター。それらが一体となってグルーヴを生み出し、さりとて重たい感じはせず、知性的な洗練と人間らしい温度感を滲ませつつ、重層的な魅力を飾り気なく打ち出したサウンドを奏でています。

チルなのに研ぎ澄まされている、そんな魅力は本作でも変わりません。しかし、経験を積んだ分だけさらに深みを増しているのは間違いありません。

牧歌的な要素が若干減衰していますが、それはThe Caveman.の本質にはかかわりのない要素だと個人的には思います。

ナイジェリアの若者の、センスの良さ。The Caveman.の魅力はそこにあるのであり、本作はその意味において前作に並ぶ魅力を持つアルバムです。

主要参考サイト

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Cavemen_(band)

https://note.com/metal_butterfly/n/ne64a02ab3a8b

https://djbooth.net/features/2021-01-07-the-cavemen-roots-highlife-interview-audiomack

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。