エレクトロニカを聴くならまずはこれ Telefon Tel Aviv / Fahrenheit fair Enough

今日はエレクトロニカの王道にして金字塔。Telfon Tel Avivのデビュー作について語りたいと思います。

何といってもまずはこの曲を聴いていただきたいです。

こんなに未来的で幻想的な音世界が存在することに衝撃を受けました。

ローズピアノの美しい音色は聴き手を柔らかに包み込み、本来は雑音に過ぎないグリッチノイズは繊細に響き、プログラミングされたリズムは複雑かつ軽快に切り刻まれ小気味良くビートを刻みます。

いずれもいわゆるエレクトロニカが持つ典型的な特徴ですが他の追随を許さぬ圧倒的オリジナリティと聴くものを惹きつけてやまぬ魅力を備えています。

聴き手を穏やかに陶酔させる音楽。あるいは日常に彩りを添える音楽。

これほど深く精緻に構成された世界に言葉など必要ないでしょう。

エレクトロニカが持つ特性を存分に発揮した、いかなる時にも心に寄り添える音楽。


Fahrenheit Fair Enough

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です