古代ギリシャ・ローマ

紀元前文学

『ソクラテスの弁明』について。 師の完璧な弁術と高潔な死を描く、プラトンによる精妙なる金字塔。

こんにちは。 紀元前文学 第26回目は西洋哲学の礎を築いたプラトンの著書『ソクラテスの弁明』です。 プラトンの師ソクラテスが身に覚えのない「不敬罪」の罪状で訴えられた裁判でのやりとりを文学作品としてまとめたものであり、ヨ…