古典アメリカ文学のUSインディーロックVer. Radical Face / Ghost



こんにちは。

Radical Faceはエレクトロニカ・ユニットElectric Presidentのメンバー、Ben Cooperによるソロ・プロジェクトです。

Radical FaceもElectric PresidentもMorr Musicに所属していることもあり、アーコスティックサウンドを基調とした柔らかな曲調が特徴です。

そんなRadical Faceの最もヒットしたアルバムがGhostです。

Radical Face / Ghostの魅力について

ノスタルジックでウォーミーで、センチメンタルでソフトなサウンドです。

Death Cab For Cutieに近い雰囲気がありますが、Radical Faceのほうがもっと華奢ですね。
Electric Presidentの特徴だったMorr Music流ポップ・エレクトロニカを、そのままアコースティックなバンドサウンドに置き換えていると言って良いでしょう。

そして、Electric Presidentにはない特徴は『大地の匂い』がするところでしょう。
ピアノ、アコーディオン、バンジョー、ストリングスなどを駆使して、時に広大な大自然を、時に個人的な内省世界を、丁寧に醸し出しています。

シンプルなバンドサウンドを従えて、アーコスティックギターをかき鳴らしています。
歌われる曲からは囁くように柔らかく、メロディラインは耳触りが良く、非常に個人的な感覚/視点やその奥に隠された苦み走った人生の一幕を感じることが出来ます。

コーマック・マッカーシー、オルコット、ジョン・スタインベックのような、
古典的アメリカ文学を21世紀のインディーロックに再変換したかのような、人生の複雑さをあますことなく描き出した、繊細にして広大な一枚でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です