Rachel Grimesのアルバムについて。優美で、力強く、多様な色彩の叙情詩。

こんにちは。

Rachel Grimesはケンタッキー州を拠点にしているピアニスト/コンポーザー/アレンジャーです。

https://i.scdn.co/image/f6b2603b8140dc8a4436dfa71fa136627d087891

音楽的にはポスト・クラシカルにカテゴライズするのが穏当かと思います。
アルバムごとに感性の違いがはっきりしていますが、優美なピアノの旋律によって感情の躍動を表現しています。


また、室内楽ポストロックバンドRachel’sの主要メンバーとしても活躍していました。

2021年4月現在、Rachel Grimesは3枚のフルアルバムをリリースしています。
本記事ではその全てを見ていきます。

Rachel Grimesのアルバムについて

これからリリース順にみていきますが、文字だけでは分かりにくいと思って相関図を作成してみました。

では、本題に入りましょう。

(1st)Book of Leaves

Rachel Grimesのアルバムの中でも最もストレートなポスト・クラシカルサウンドを奏でているのが本作の特徴でしょう。

流れるような旋律を紡ぐことによって、深く澄んだメランコリーを響かせています。

ほぼピアノとサウンドレコーディングだけで構成されているにも関わらず、場面に応じた感情の変化が丁寧に表現されているのが印象的です。
ひそやかながらも芳醇な響きが静寂のうえでそっと舞い踊り、優美な波紋を広げるように消えていきます。

他の作品が濃密な個性を湛えているのに対し、本作の個性は(Rachel Grimesの作品にしては)小ざっぱりとしている点にあると言えるでしょう。
薄味ではありますが、だからこそ彼女の音楽が本来が持つ風味がよく分かる作品でもあります。


シンプルで、優美で、エモーショナル。
典型的ポスト・クラシカルの魅力の真骨頂を魅せてくれるアルバムと言えるでしょう。

(2nd)The Clearing

流れるような優美さを湛えていた前作から、一気に濃密さを増してきたのがTemporary Residence移籍作となるThe Clearingです。

ピアノだけでなくストリングス、管楽器、ハープなども導入され、表現の幅が広がっているのは重要な変化でしょう。

全体を通して、重厚な叙情性を帯びるようになっています。
また、いかにも宮廷的なクラシックだけでなく、それと人里離れた森に佇むような妖精のような民俗的な雰囲気も併せて感じられます。


瑞々しい感性を損なわぬままに深く立ち込める濃霧のようなディープさを奏でている、と言えば良いのでしょうか。情感の懐がぐっと広がり、情念の気配も微かに匂い立っています。

EITSMONOThis Will Destroy Youといった轟音ポストロック組にも似た(本作には轟音は一切出てきませんが)強めな感情が、ポスト・クラシカルらしい静謐な響きによって表現されているとも言い換えることが出来るでしょう。あるいはハードコア的な骨太ささえ含んでいるかもしれません。

アンダーグラウンドな感性を清冽に蒸留したかのような、芳醇な味わいと美しい余韻を楽しめる作品です。

(3rd)The Way Forth

フォーク・オペラ、という公式bandcampの表現が最も的確に本作を表しているように思います。

クラシカルなサウンドが変わらず土台になっていますが、地方を舞台にしたアメリカ文学のような親しみやすさも漂っています。また、オペラ的にメリハリ良く場面が展開していくのが印象的です。

1775年から現代に至るまでのケンタッキー州の女性たちに関する手紙や写真などの資料などからインスパイアされて制作されているのは、本作の根幹を成す点でしょう。

たびたび導入される朗読が生み出す劇中的な雰囲気、
クラシカルな楽器で奏でられるカントリーなサウンド、
そしていかなる時も失われない優美な響き。
全体的な雰囲気はやや物憂げで、人生の悲喜こもごもを美しい音色に滑り込ませているように感じます。

スポークンワード・ポエトリーリーディング的な鋭さ・力強さ、
フォーク的・カントリー的な土着性、
クラシカル的な芳醇さ。
そういった要素が混ざり合いながら、毅然とした力強さを醸し出しているのが本作の魅力と言えるでしょう。

悲しみを帯びながらも膝を折るような弱さを感じさせない、大地の匂いが漂う壮大な叙事詩を見事に描き切っています。

主要参考サイト:Rachel Grimesのアルバムについて

https://rachelgrimes.bandcamp.com/

The Way Forth

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です