Peter Broderick / Home 内省的なんだけど朴訥なアコースティックギター 

こんにちは。

Peter BroderickはUSオレゴン出身の音楽家・作曲家です。

一般的にはポスト・クラシカルにカテゴライズされることが多いようですが、フォーク寄りのアルバムも多くリリースしています。
2008年リリースのHomeはそんなフォーク寄りの一枚です。

Peter Broderick / Homeの魅力

基本になるのは、優しく爪弾かれるアコースティックギターと囁くようなボーカルです。

バンジョーやエレクトリックギターなどの楽器が添えられることもあれば、ボーカル抜きのアコースティックギターだけで語りかける楽曲もあります。
いわゆるフォーク的ともいうべき朴訥な生々しさを芯にしつつ、ポスト・クラシカル的(室内楽的)な瑞々しさが溢れているのが実に新鮮です。

そして、そんな繊細さを崩さぬまま、ボーカルを幾重にも重ねたコーラスワークやドローンに弾かれるアコースティックギターが顔を見せるのも素敵なところです。

ただ、最大の魅力は素朴さの裏で複雑に混ざり合う様々な感性です。
自然の峻厳さと、山小屋で背を丸めてギターを弾いているようなパーソナルさ。
肩に力が入りすぎていない内省さ、とでも言えばいいのでしょうか。
温もりはあるけど、優しすぎるわけでもない。
繊細だけど、節くれだった固さもある。

二律背反に成りかねない数多の要素を見事に束ねたバランス感覚には、傑出したオリジナリティを感じます。

ちなみに、ソフトなボーカルも本当に素晴らしいですが、アコースティックギターを主役にした曲も個人的に推したいところです。



それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です