FGO聖地巡礼(源頼光編)



FGO聖地巡礼 今回は源頼光です。
10~11世紀に活躍していた源氏の頭領です。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

坂田金時をはじめとした四天王を従え、様々な妖怪退治に関する逸話が残っています。
魑魅魍魎が跋扈する平安時代の、猛き武士<もののふ>といったところでしょうか。
数多伝わる活躍の中でも、大江山の鬼退治はとりわけ有名です。

そんな頼光に関する聖地を巡るべく京都府京都市京都府福知山市東京都台東区に行ってきました。

(FGO的)聖地探索 源頼光編

上品蓮台寺の土蜘蛛塚(京都府京都市)

では、さっそく妖怪退治の一遍を。

ある夜のことです。
熱病にうなされて寝込んでいた頼光の枕元に突然法師が現れました。
頼光が切りつけると法師は消えてしまいましたが、血痕は何処かへと続いています。
頼光は四天王に辿っていくよう命じます。

血痕の先にあった塚を四天王の一人渡辺綱が掘り返すと、巨大な蜘蛛がもがき苦しんでいました。
綱が串刺しにして河原に晒すと、頼光の熱病も治ったそうです。
それ以来、その塚を土蜘蛛塚と呼んでいるんだとか。

現在では、土蜘蛛塚は上品蓮台寺の中に佇んでいます。

聖徳太子の創建とも伝えられている大変な古刹です。



土蜘蛛塚は墓地に門を潜って右手にしばらく進んだ墓地にあります。


昭和の初めに今の位置に移されたそうです。
納得です。塚自体も新しそうですし。



すぐそばにあったお地蔵さん。こちらのほうが旧そうです。


最後に門から土蜘蛛塚までの道のりを動画でどうぞ。
観光客がほとんどいない、静かで素敵なお寺でした。

東向観音寺の土蜘蛛塚(京都府京都市)

北野天満宮に隣接する東向観音寺にも土蜘蛛塚があります。

門はこんな感じですね。

塚はこちらです。

土蜘蛛達が住んでいた場所に埋まっていた塚だそうです。
こちらの土蜘蛛塚は古めかしいですね。


本当に1000年前のものだったら良いなあ、なんてワクワクします。

明治に掘り起こした人が庭に飾っていたら祟りにあってしまったそうです。
現在は入り口に柵があって塚まで近寄ることができません。

中央左寄りにある小さな祠に収められているのが土蜘蛛塚です。
怒りを鎮めるかのような、丁重な祀り方が印象的です。


それにしても、どちらの土蜘蛛塚にも血の匂いがするエピソードがくっついていますね。
頼光は土蜘蛛に悩まされ続けたのかもしれません…。


ちなみに…

すぐ近くにある北野天満宮には頼光が所有し、渡辺綱が茨木童子の売腕を切り落とした『鬼切丸』が収蔵されています。
しかもです。この刀、もともとは坂上田村麻呂が鈴鹿御前と初めて出会い戦った時に使っていたのだそうです。
FGO的には是非見ておきたいところです。

訪れる際には展示されているか確認することをおすすめします。

大江山の鬼退治(京都府福知山市)

源頼光の最も有名なエピソードでしょう。
FGO的にも、坂田金時酒呑童子茨木童子と人気の和鯖が一堂に会する場でもあります。

そんな大江山の外観がこちらです。

天気のせいもありますが、荒涼としています。
確かに鬼が出そうですね……。

この写真は『酒呑童子の里』という施設で取ったのですが、施設の中になる『日本の鬼の交流博物館』には源頼光による鬼退治祈願文の複製もあります。

原本は成相寺に収蔵されているのだとか。



鬼退治に向かう頼光ご一行の姿も。
当然ですが、全員男性です。

こちらの動画は頼光が休んだと伝えられる岩がある宮津街道石畳道です。
きっと、このあたりを通って鬼退治に向かったのでしょう。




そして、これがその頼光が休憩するために腰かけたと伝えられている岩です。

めちゃくちゃ大きいです。
たぶん、腰かけようと思ったら身長3メートルは必要だと思います。

ダレイオス3世か。

ただ、後ろからなら腰かけられそうですね。

ここに腰かけているとき、頼光はどんな表情をしていたのでしょうか。
そして、坂田金時もまたどんな思いで山々を登っていたのでしょうか。

浅草寺の牛鬼退治(東京都台東区)

FGOユニバースにおいて、頼光は『浅草寺の牛鬼』を退治したことになっています。
しかし、その元ネタになっている『牛御前の御本地』では牛鬼こと牛御前は浅草寺には現れません。
ちょっとした矛盾が生じています。

ただし、FGOのテキストを読む限りでは、どうも浅草川が牛鬼との戦いの場になったようです。

浅草川とは吾妻橋から浅草橋あたりまでの隅田川の呼称だそうです。
ようするに、だいたい浅草寺沿いの隅田川ということになります。

『幕間の物語』の背景を見る限り、実際に水辺で戦っています。
というわけで、『浅草寺の牛鬼』は『浅草寺のすぐそばの川で戦った牛鬼』と理解すべきでしょう。

では、さっそく隅田川を見てみましょう。

吾妻橋の上から浅草橋方面を取っています。
このあたりで雷光バリバリしまくってたんでしょうね。



なんか、すげえゴールデンなビルディング&クラウドがいますね…。




おそらく頼光達が来たと思われる浅草寺にも寄りました。
外国の方がいっぱいいました。 繁盛してます。



再び川に戻ります。水の流れはゆるやかです。


動画で見ると、こんな感じです。
(FGOユニバースでの)激烈な戦いも今は昔。
今では東京スカイツリーとゴールデンなビルディングが平和と繁栄を象徴するように屹立していました。

この水辺は人間と妖怪を殺戮し続ける日々を駆け抜けた頼光が、心の奥に封じ込めた深い苦悩を爆発させた場所でもあります。

彼女は、この穏やかな時間に一体何を思うのでしょうか。

(FGO的)聖地への行き方 源頼光編

上品蓮台寺

京都市営バス「千本北大路」下車徒歩約5分

東向観音寺

京都市営バス 北野天満宮前 すぐ

大江山周辺

大江駅などから福知山市営バスに乗換 大江山の家下車

※『酒呑童子の里』内にレストランあり

浅草寺周辺の隅田川

各線浅草駅出てすぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です