ジョージア(グルジア)産まれの微睡みハウス・エレクトロニカ HVL / Deep Survey


こんにちは。

HVLはジョージア(グルジア)出身の音楽プロデューサーです。
首都トビリシで最も有名なDJの一人で、大変有名なクラブのレジデントDJだったこともあるんだとか。


彼がリリースしている作品もハウスに分類されるものが多いように感じます。
しかし、全体的にソフトな質感なものが多く、エレクトロニカとも呼べる作品になっています。

ジョージア(グルジア)は日本にはあまりなじみのない国です。
しかし、HVLが生み出すサウンドは非常に耳になじみがよく、日本の文化圏にも『刺さる』クオリティだと感じています。

Deep Surveyの魅力 HVL的なキッチュさも良い塩梅

彼の作品は全体的にソフトですが、本作Deep Surveyはその傾向がとりわけ顕著です。

霧がかったような幻想的な雰囲気と溶けてしまいそうに淡い4つ打ちビートが生み出すのは、微睡みのような心地よさです。

浮遊感が漂うシンセ。繊細な揺らぎを垣間見せるサンプリング。
鼓膜をひっそり撫でていく低温。
そして、サウンドの隙間からほんの少しだけこぼれるキッチュさが、見事な隠し味になっています。

シンプルな反復が徐々に埋没感を高めてくれますが、高揚感以上に心地よい安らぎを感じさせてくれます。

アンビエントハウス的で内省的。
しかし、オタク感はなく非常に洒脱なエレクトロニカへと仕上げています。

結び  Deep Survey/HVLを聴いてるとジョージア(グルジア)が気になる。


こちらを読む限り、ジョージア(グルジア)はの音楽シーンは旧ソ連諸国の中では一目置かれているようです。

カスピ海と黒海の間、コーカサス地方にあるジョージア(グルジア)は、日本人にとってなじみ深い場所ではないでしょう。

しかし、もっと気軽に互いの情報にアクセスできるようになれば、素敵な音楽や文化を見ることが出来るのになあ。なんて思いました。


それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です