Gospel Train/Sister Rosetta Tharpe 福音をもたらす、ロックンロールのゴッドマザー

こんにちは。

Sister Rosetta Tharpeは1930年代から1940年代にかけて活躍したソングライター/ギタリストです。

udiscovermusicより

ジャンルとしてはゴスペル/ブルースになるのでしょう。ゴスペルらしいスピリチュアルな歌詞をリズムカルな楽曲に乗せて歌い、人気を博しました。

Elvis Presleyなどから称賛されており、後のロックンロール成立に多大な影響を与えています。(ロックンロールという語が初めて公式に付されたのは彼女の作品、という説もあるそうです)

Gospel Train/Sister Rosetta Tharpe

正直、ゴスペルはMahalia JacksonとThe Soul Stirrersしか聴いたことがないので、魅力を語る語彙は絶無なのですが……。

ソウルフルで深みのある歌声、軽やかでブルージィなギター、ゴキゲンなピアノ、素朴な音質。慈しみを感じさせる大らかな曲調。シンプルなのにパワフル、「聖」と「俗」が混然一体になりつつ、でも変な重さはなく。陽気な親戚の姉ちゃんのような親しみやすい雰囲気が一貫しています。

当時は技巧的なギターは男性の象徴と見られることもあり、眉をひそめられることも多かったそうです。彼女が何を思っていたかは分かりませんが、開放感のある楽曲、私はとても好きです。

今後は、この頃もゴスペルをがっつり聴いていきたいと思いました。

主要参考サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%BC%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%97

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。