FGO聖地巡礼(柳生宗矩編)



こんにちは。

FGO聖地巡礼、今回は柳生宗矩です。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT


16世紀から17世紀、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した剣豪です。
その剣術は『剣術無双』などとも称賛され、将軍家の剣術師範を務めています。
さらには思想家・幕臣としても名を馳せた多彩な人物で、一介の剣士から大名にまで上り詰めた稀有な存在でもあります。

そんな彼の聖地を巡るべく、奈良県奈良市に行ってきました。

(FGO的)聖地巡礼 柳生宗矩の生まれ故郷へ

柳生宗矩の生まれ故郷は奈良市柳生にあります。
近鉄奈良駅からバスで50分はかかる山深い地域です。


柳生宗矩にゆかりある場所を見てみましょう。

旧柳生藩陣屋跡

ここには柳生宗矩が建てた柳生藩の陣屋(今の県庁のようなところ)の跡地があります。


急な階段を上っていきます。


あまり整備されていないような草の茂った道を歩くと、陣屋の跡地が姿を見せます。

建物は1747年に全焼してしまいました。
再建等もされておらず、今では往時を偲ばせるものはありません。



申し訳程度に、顔パネルが置かれていました。
宗矩の父である宗厳と子である十兵衛です。




これは井戸でしょうか……。



こちらは背景の山並みも写真に収めてみました。
山は柳生宗矩が見ていたころとそう変わらないでしょうね。

ちなみに、晩年にはこの陣屋に家臣や近隣の住民を招き、闘鶏や申楽などに興じていたそうです。意外。


最後に動画でもどうぞ。

天石立神社(柳生一族の剣術修練場)

天石立神社は、本殿がありません。
巨岩を御神体としてそのまま崇めるという太古の崇拝の在り方を残しているからです。
神秘的な空間に足を踏み入れることが出来ます。

そして、その神気に満ちた空間は、剣豪柳生一族にとっても惹かれるものがあったのでしょう。

ここは柳生一族の修練場でもありました。

神秘的な森林で修行していれば、確かに精神も研ぎ澄まされそうです。
特にここは山深い場所だからでしょう、濃密な幽玄さも感じました。



これは一刀石です。
柳生宗矩の父にあたる柳生宗厳が天狗を相手に修行をしていた時、天狗と思って切ったのがこの石だそうです。

刀でこんな巨岩を切るなんてすごいですよね…。

息子である宗矩も一刀石を見ていたでしょう。
父の凄絶な太刀筋をどんな思いで見つめていたのでしょうか。

ちなみに、この沿道を柳生宗矩が整備させたという記録も残っているそうです。

剣士だけでなく、為政者でもある。
柳生宗矩の多才ぶりが感じられます。

芳徳寺(柳生宗矩のお墓がある寺)

宝徳寺は柳生宗矩が父宗厳の菩提を弔うために開基したものです。

柳生宗矩は実に多才で働き者だったのでしょう。
そんな柳生宗矩の尽力によって、芳徳寺には柳生家のお墓が並ぶことになります。

凄い数ですね。圧巻です。

そして、柳生一族のお墓が並ぶ中には柳生宗矩のものもあります。

大きなお墓です。

こちらが動画です。

(FGO的)聖地巡礼 現地への行き方

いずれも近鉄奈良駅より奈良交通バス石打・柳生・邑地中村行に乗り柳生にて下車(本数が1,2時間に1本なので注意)

旧柳生藩陣屋跡

天石立神社

芳徳寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です