FGO聖地巡礼(俵藤太編)

こんにちは。

FGO聖地巡礼、今回は俵藤太です。


©TYPE-MOON / FGO PROJECT

十世紀に名を馳せた武将であり、平将門を討つという大手柄を上げた人物です。
また、山に身体を巻き付けるほどの巨大なムカデを退治した逸話も有名ですよね。

今回はそんな俵藤太の聖地がある滋賀県大津市滋賀県野洲市に行ってきました。

(FGO的)聖地巡礼 俵藤太編

瀬田の唐橋(滋賀県大津市)

何はなくともまずは瀬田の唐橋でしょう。
ことの顛末は下記の感じです。

瀬戸の唐橋に大蛇が住みついてしまい、誰も通れなくて困っていました。
しかし、豪放な俵藤太はそんなことなどどこ吹く風。

堂々と橋を通り、おまけに蛇を踏みつけてしまいます。

すると話は意外な展開に向かいます。
なんと、その蛇は龍神だったのです。

さらに、龍神は自分を恐れないような勇気ある者を探していたことを白状します。
何故なら龍神の住処である三上山に住みついてしまった大ムカデを退治できる者を切望していたからです。

これぞまさしく藪蛇な気もしなくもありませんが、俵藤太が蛇を踏んでしまった瀬田の唐橋がこちらです。




擬古的な橋の形状は、まるで大ムカデのようにしなやかです。



ただ、橋そのものは文化価値のあるものとして保存されているのではなく、日常的に人も車も交通しています。

生活感が非常に出ていますね。
古代から様々な戦いの舞台になった歴史ある橋とは思えません。


動画だとこんな感じです。


でも、素敵ですよね。橋なんですから人の役に立たないと。

また、橋の周囲には俵藤太の逸話を記す碑等が沢山ありました。

結構大きかったです。

地元の人はここで大ムカデを射抜いたという逸話を採用していますね。
そりゃ、そのほうが箔が付きますもんね。


ちなみにこの橋、アーチャー・インフェルノやノッブとも間接的にですが関係があります。
ただし、栄光への架け橋になったのは俵藤太だけです。

三上山(滋賀県野洲市)

ただし、FGOの俵藤太はムカデ退治の依頼を受けた後、大ムカデがいる三上山まで一目散に駆けていったようです。
大津から野洲までひとっ走りなんて普通の人間には出来ない気がしますが…。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

まあ、本人もこう仰っています。
とにかく、そんな三上山の姿がこちらです。

……めっちゃ、でかくないですか?

ちょっと引いてみても、この存在感です。

こんな大きな山に七巻き半もしていたのですから、超弩級大ムカデです。
よく弓矢だけで仕留めることが出来ましたね……。



もっと近くで見てみるとこんな感じです。

龍神様の山なんだな、という凛とした雰囲気を感じました。



そして、俵藤太は大ムカデを倒した褒美として、宝具にもなっている『尽きることのない米俵』を含めた様々な財宝を授かったのでした。

FGO的(聖地巡礼) 俵藤太の聖地への行き方

瀬田の唐橋

京阪唐橋前駅から徒歩2分

三上山

JR野洲駅より徒歩40分程度

2 件のコメント

  • 私の地元への聖地巡礼ありがとうございます、嬉しかったのでコメント失礼します!
    三上山は北西方向からお撮り頂いたものかとお見受けしますが、
    唐橋のある方角の南西方面から見るとFGOの俵藤太のイラスト背景と同じ形になりますよ♪

    アーチャーインフェルノの巡礼も読ませて頂きました!
    ご存知かもしれませんが、瀬田の唐橋のある石山は宇治川の戦いの後に行われた
    粟津の戦いがあった場所(唐橋からは少しだけ離れます)で、木曽義仲、今井兼平最後の地になります。
    平家物語では巴御前と別れたとされる場所です。

    御三方のお墓もありますので、
    またいつの日かお時間ある時にでも再訪して頂けると嬉しいです。

    • コメントありがとうございます!

      俵藤太の背景にはそんな秘密もあったのですか。それは次回に是非目にしたい光景です。

      粟津の戦いの場所も行きたかったのですが、時間の都合上泣く泣く……。ですが、こうやってお話させていただくと是非訪れたいという気持ちになりますね。

      記事をご覧いただけたこと、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です