FGO聖地巡礼(沖田総司編)



こんにちは。

今回のFGO聖地巡礼は沖田総司です。


©TYPE-MOON / FGO PROJECT

幕末を駆け抜けた新撰組最強の剣士にして、若くして病に倒れた悲運の美……美少女でもあります。

今回は東京での沖田総司ゆかりの地(新宿区、港区)と新撰組活躍の場となった京都府京都市を見てきました。

(FGO的)聖地巡礼 沖田総司編

生まれ故郷の東京編

試衛館跡地(東京都新宿区)

まずは試衛館です。
近藤勇が宗家を務めていた天然理心流の道場ですね。
沖田総司以外にも、土方歳三、井上源三郎、長倉新八、斎藤一等々、後の新撰組に名を連ねる顔ぶれが集い、剣の腕を磨いていました。

そんな試衛館の跡地が東京都新宿区に残されています。

住宅街のど真ん中にあります。
史跡っぽいなあ、と感じさせるのはここくらいですね。

祠のアップ。勇ましい獅子のモチーフです。
新撰組をイメージしたんでしょうか。

植木屋平五郎屋敷跡(東京都新宿区)

沖田さんが最期に過ごした場所については諸説あるようです。
しかし、FGOでは千駄ヶ谷にあった植木屋平五郎の屋敷で亡くなったという説を採用しています。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
©TYPE-MOON / FGO PROJECT



というわけで、こちらです。

道路と住宅の間にある小さな敷地に、立て札がありました。



この辺りで療養しながら、最期の時を過ごしていたのでしょう。



沖田さんが毎日耳にしていたであろう渋谷川は枯れてしまったようです。



静かだったはずの周囲も、今は車が行き交います。

動画だとこちらです。

この地で、沖田さんは何を思いながら日々を過ごしていたのでしょう。
転戦していく仲間についていけない悔しさでしょうか、自分だけ動くことさえできない虚しさでしょうか。
すっかり変わり果てたこの地に立っていると、想像するのは難しく感じます。



と、思ったら過去へとタイムスリップさせてくれる素敵なものがありました。

お供え物です。
沖田さん、未だに皆に愛されているんですね。
きっと、あの頃も多くの人達に愛されていたのでしょう。


という専称寺(東京都港区)

そして、沖田さんのお墓があるのが専称寺です。

ただし、お墓の近くには行くことが出来ません。
何でも沖田総司のファンが墓石を削り取ってしまったからだとか……。

そして、遠くから一生懸命取った写真がこちらです。

少し引いてみるとこんな感じですね。

土方さんの時もそうでしたが、特別大きいということもなく周りに馴染むお墓ですね。
等身大の剣士だった彼の生き方を、何となく感じてしまいます。

そして、沖田さんのお墓、なんと六本木ヒルズの真裏にあるんです。


何かイベントを開催中なのか、お洒落な音楽が風に乗って流れていました。
こちらの動画だとほんの少しだけ聞こえます。


楽しそうなところで眠れて、沖田さんも嬉しいんじゃないかな。
そんな気がしました。

新撰組活躍の場 京都編

壬生寺(京都府京都市)

新撰組の兵法調練場となっていた場所です。
境内は広々としており、隊士達が練習するにはぴったりな気がします。

沖田さんも剣術の指導や鍛錬に励んでいたことでしょう。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

隊士に対しては、厳しく指導していたようですね。

また、近所の子供達を集めて遊んでいた、という逸話も伝わっているようですよ。
屈託のない沖田さんっぽいエピソードです。

境内の動画はこちらです。

また、境内には新撰組の墓や碑などを集めた壬生塚があります。

中心にあるのは近藤勇の胸像ですね。



百度石といいます。レプリカではなく本物のようです。 車馬の境内への乗り入れを禁止するために建立されましたが、新撰組達は全く気にしていなかったそうです。

八木邸(京都府京都市)

こちらは新撰組の屯所だった場所です。

撮影は禁止ですが、ガイドさんが内部を案内してくれます。
沖田総司達が芹沢鴨を暗殺した部屋を見ることが出来ました。

ちなみに写真に写っている場所、沖田総司が意味もなく何度も出入りを繰り返しては門にかかった『新撰組』と書かれた札を見てはニコっと笑っていたという逸話が残っているそうです。

何とも沖田さんっぽいエピソードです。

旧前川邸

こちらも屯所です。
土方や沖田のような試衛館組はこちらに寝泊まりしていました。

今も人が住んでおり、中に入ることはできません。
しかし、土日祝日などは玄関まで入ることができます。

池田屋(京都府京都市)

新撰組と言えば池田屋ですね。
かつては尊王攘夷志士が集っていた旅館があった地には、居酒屋チェーン店『花の舞』が威風堂々と聳え立っています。

看板もちょっとわくわくしちゃう感じですね!


中に入ると長い階段が。凝ってます。

まさしく、この背景の階段ですね。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT





コースターにもこんな驚きもあったりして。

二次元新撰組コンテンツの最大勢力のあそことタイアップしたお酒もありました。

FGOもやってほしいですね……。

(FGO的)聖地への行き方

生まれ故郷の東京編

試衛館跡地

都営大江戸線牛込柳町駅より徒歩5分程度

植木屋平五郎屋敷跡

JR千駄ヶ谷駅より徒歩5分程度

専称寺

各線六本木駅より徒歩5分程度

新撰組活躍の場 京都編

壬生寺

八木邸

旧前川邸

池田屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です