FGO聖地巡礼(長尾景虎編)

こんにちは。

FGO聖地巡礼、今回は長尾景虎です。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

戦国時代と呼ばれる16世紀において、越後を支配した戦国時代有数の将です。
戦乱の世にあって義を重んじた人としても後世に名を残しています。
上杉謙信、という名の方が有名かもしれません。

そんな長尾景虎の聖地を巡るべく、新潟県燕市新潟県上越市に行ってきました。

FGO聖地巡礼 長尾景虎を育む越後の自然へ

林泉寺(新潟県上越市)

そんな長尾景虎が幼い頃に教育を受けたのが林泉寺です。

山深く粛然とした雰囲気が印象的です。
景虎こと幼名虎千代は実父である為影に疎んじられたため、林泉寺に預けられたそうです。

FGO世界でもほぼ同様の設定になっています。
彼女はあまりにも才がありすぎ、普通の人々の気持ちが理解できませんでした。
そして、気味悪がられ、遠ざけられてしまいます。

林泉寺に預けられることが決まった後に姉である綾からは「御仏を敬い、人が分からずとも人の気持ちを心得ることが出来るように」と諭されていました。

景虎は十四歳までの多感な時期をここで過ごしています。
林泉寺で受けた教育は、現実世界においてもFGO世界においても長尾景虎のアイデンティティに大きな影響を与えたことでしょう。



こちらは境内の様子です。

常人離れした才の持ち主であった長尾景虎は、何を考えながらこの地を歩み、何を考えながら学んでいたのでしょうか。



さらには、林泉寺には長尾景虎の御墓もあります。

墓所の入口です。とても趣深いですね。


そして、こちらが長尾景虎の御墓です。

木々の葉や苔が織り成す濃い緑に包まれた、優しげな佇まいです。

激動の生を駆け抜けた景虎ですが、今は穏やかに世界を見つめているような気がしました。

春日山城跡(新潟県上越市)

19歳で家督を相続してから亡くなるまで景虎が居城としたのが、林泉寺の近くにある春日山城です。

城そのものは現存していませんが、その跡地は残っています。


ただ、城の面影はほぼなく、本当にただの小山という感じです。
つわものどもが夢の跡、といったところでしょうか…。


ここで、ちょっとした発見があります。
『ぐだぐだ本能寺ファイナル2019』で青苧とよばれる越後名産の繊維が登場したのを覚えていますでしょうか。
カルデア一同が越後を拠点に乱世平定に動く際、この青苧を交易品として軍資金を稼いでいました。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

この青苧の原料になるカラムシが植えられていました。

なんというか、普通の草ですよね…。
よくこれから繊維を作ろうとしたなあ、感心してしまいます。
昔の人の工夫とチャレンジ精神、見習いたいものです。



そして、こちらが本丸の跡地です。



おそらく長尾景虎が生涯の多くの時間を過ごした場所です。

意外に狭いな、というのが率直な印象でした。
虚飾にこだわる余裕のない乱世の現実、なのかもしれません。



本丸跡からの眺めです。
小高い山の上に城があって、その下に城下町がある。
という在りし日の風景を想像したくなってしまいます。

長尾景虎もここからの光景を何度も見ていたことでしょう。
彼女は、何を感じながら自分が守るべき人々を見下ろしていたのでしょうか。

国上寺(新潟県燕市)

そして、長尾景虎が祈願寺としていたのが国上寺(こくじょうじ)です。



必勝祈願に訪れていた頃の長尾景虎と、同じ時代を生きた大樹がお出迎えしてくれます。


樹齢千年余だそうです。
長尾景虎が成長し、老いていく様をじっと見つめていたことでしょう。

千年以上生きているということは同じく国上寺にゆかりのある牛若丸こと源義経、弁慶、ひょっとしたら酒呑童子のことも見ていたかもしれませんね。
木が秘める時の流れは、雄大ですね。


長尾景虎ゆかりのものも伝わっています。

こちらは長尾景虎が乗っていたかもしれない籠(お寺の方に聞いてみましたが、断定はできないよう)です。



長尾景虎が送ったとされる牡丹の香炉も。お洒落。女子ですね。


彼女はどんな表情で勝利を祈っていたのでしょうか。
同じ地に立ってみても、凡人の身では想像するのが難しかったです。



そして、国上寺の一番の見どころは方丈講堂でしょう。

剛健な雰囲気の、美しいお堂です。



さらには平泉へと逃げる途中、義経が身を隠していたとされる六角堂(江戸時代に再建立)もあります。

と、非常に趣深い境内なのですが……。



ええ、そうなんです……。
これ、ご自身の目で見たほうが絶対に面白いと思います……。

FGO的聖地巡礼への生き方 (長尾景虎編)

林泉寺(新潟県上越市)

妙高はねうまライン春日山駅より徒歩30分程度

春日山城跡(新潟県上越市)

妙高はねうまライン春日山駅より徒歩40分程度

国上寺(新潟県燕市)

弥彦線弥彦駅、越後線分水駅等からタクシーで15分程度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です