Empressのアルバムについて。儚い歌声、柔和な音響、文学的な美を綴るスロウコア

こんにちは。

Empressはイギリス出身のロックバンドです。

https://f4.bcbits.com/img/0007086718_10.jpg

ジャンルとしてはSlow Core/Sad Core(スロウコア/サッドコア)とするのが穏当でしょう。
彼等が作品をリリースしていた2000年前後の音響/ポストロック/エレクトロニカの影響を強く受けた、繊細で澄んだ響きを特徴にしています。

Hoodに関わっていたメンバーがいることも特筆すべきかもしれません。

2021年4月現在、Empressは3枚のフルアルバムをリリースしています。
本記事ではその全てを見ていきます。

Empressのアルバムについて

これからリリース順にアルバムを見ていきます。しかし、文字だけでは文字だけでは分かりにくいと思って相関図を作成しました。

では、本題に入りましょう。

(1st)Empress(Debut LP)

優しげで繊細な、音響系スロウコアの魅力が詰まった作品です。

必要最低限の音色が奏でる静謐でスロウなサウンド、
雨音をグリッチ的に用いるなどの音響的実験精神、
その両者が混ざり合い、華奢で文学的な音楽が奏でられています。


柔和な旋律を囁く女性ボーカル、
寂静の美を紡ぐギターアルペジオ、
アナログで暖かな音色のシンセやノイズ、
そっと時を刻むドラムマシーン/ドラムス。
淡々とした曲調には冷冽な美しさがそっと潜み、それでいて心地よい暖かさも感じます。

一方、研ぎされたシンプルさが生み出す「間」には存在感があるのもスロウコア的な特徴でしょう。
時に緊張感だったり、時に優しい慈しみだったり、静けさが様々な感情を浮かび上がらせています。

骨組みとなるスロウコア的サウンドの周りをエレクトロニカ的・シカゴ音響派的な響きや余韻を追求する実験的精神が霧のように立ち込め、楽曲に不思議な奥行きを与えています。

本作は無口な少女が紡いだ物語のような雰囲気を感じさせます。
どことなく夢見がちで、だからこそ美しいアルバムだと言えるでしょう。

(2nd)Empress

1stと同じくセルフタイトル(1stは本来LPのみでのリリースだったからかもしれません)の本作は、アンニュイな空気感が強くなっているのが特徴です。

淡々とした曲調からは物憂く優美な雰囲気が感じられ、シンプルながらも上品さも漂っています。
ギターよりもシンセ/ピアノが目立っていることが本作の個性を担っていると言えるでしょう。

シンプルなグリッチ/ビート/ドラムスが静寂に浮かび上がっては消えていき、
必要最低限の音色でシンセやピアノがメランコリックなサウンドを形成し、
囁くような女性ボーカルが染み入るように溶けていく。
柔らかな響きからは孤独のような痛みが滲み出ており、張り詰めた切迫感が音の余韻から棚引いています。

本作でもエレクトロニカっぽさがしばしば顔を出し、奥行きがあって滑らかなテクスチャーを楽曲に与えています。

華奢で文学的な空気感は前作と変わりませんが、内省的になっている点が本作の個性でしょう。
ただ、情念的でも感情過多ではありません。

揺らめくような憂鬱に、まるで霧雨のように包まれる感覚に似ています。

俯きがちな少女の物憂い感情を、自然体に歌ったアルバムだと思います。

(3rd)The Sounds They Made

ドラムスの存在感がほぼ無くなり、より静謐な雰囲気になっているのが特徴です。

優美なテクスチャーは前作と似ています。しかし、陰鬱な雰囲気は薄く、心地よい響きをもたらしています。
必要最低限の音色で、寂しげながらも暖かみを感じさせるノスタルジックなサウンドを形成しています。


シンセ・ギター・ピアノ・電子音等を織り交ぜており、エレクトロニカ的柔らかさからの影響を強く感じさせます。
エレクトロニカ的な軽やかなビートが入る曲もあり、そういった曲では完全にエレクトロニカに同期しているとさえ言えるでしょう。

また、今までより女性ボーカルの雰囲気が大人びており、囁くような歌声がハッとするような存在感を放っているのも重要な点です。
たおやかで、優しげで、過去の作品にはない余裕や懐の深さを感じます。

アルバム全体を通して淡々としてはいます。
しかし、テクスチャーがノスタルジックになっており、旋律もメランコリックになっているため、ゆったりと曲の世界に浸ることができます。

基本的にスロウコア的な緊張感は感じられず、淡く優しい響きを生み出すことに主眼が置かれているに感じます。
繊細ではありますが過去作のような自意識の発露は感じられず、終始穏やかな雰囲気に満ちています。


大人びた雰囲気を湛えた、柔らかくて心地よくて、ノスタルジックなサウンドを楽しめるアルバムです。

主要参考サイト:Empressのアルバムについて

https://empress.bandcamp.com/

https://www.discogs.com/ja/artist/268205-Empress-6

https://www.dominomusic.com/releases/empress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です