エジプト文明の始まりを見つめる一冊  古代エジプト文明社会の形成/高宮いづみ


こんにちは。

『古代エジプト文明社会の形成』は2006年に出版された『諸文明の起源』シリーズの一冊で、著者は近畿大学で教鞭を取られている高宮いづみ先生です。


古代エジプトを取り扱った書籍は、資料が豊富な新王朝時代を取り扱う傾向があります。
しかし、本書はエジプト文明以前から古王朝時代までの古い時代についての情報を日本語で読むことができる貴重なものです。

個人的に面白かったところをまとめてみました。

『古代エジプト文明社会の形成』の面白さ 文明の土壌が出来上がるまでを描き出す

『古代エジプト文明社会の形成』の内容は大きく3つに分けることができます。

  1. 古代エジプトの自然環境と歴史の概略
  2. 古代エジプト人の生活様式
  3. 古代エジプト文明の特徴とその生成過程

1と2は、3を語るための前提知識です。

そして、3では王墓や官僚組織から宗教観等々、エジプト王朝開闢前から古王国時代にかけて発展していく様をつぶさに観察しています。

では、この順番に沿って見ていきましょう。

1. 古代エジプトの自然環境と歴史の概略

エジプトは砂漠地帯です。春秋にあたる中間的気候はほぼ存在しません。
さらに日本と違い、生活サイクルが季節だけに左右されるわけではないことです。
じゃあ、何に? ナイル川です。


かつて、エジプトのナイル流域では夏季に水量が著しく増える現象がありました。
ナイル川上流のエチオピアでモンスーンの影響で雨季が起こり、下流のエジプトにその影響が及んでいたというわけです。
そして、この水は豊かな地味を運んでくれる恵みの雨でした。

しかし、現在ではダムが建設されたためこの現象は起こらなくなりました。

歴史の外観は概略的なことが書かれていましたので省略します。

2. 古代エジプト人の生活様式

古代エジプト人の生活様式はその3000年を超える歴史において、大きな変化をしたわけではありません。

ナイル川の増水を利用した麦栽培も紀元前6000年から変わらず。
王朝開闢頃には建築物の大きくなっていきます。
亜麻布や化粧道具などの起源も同じく王朝以前までさかのぼります。

しかし、紀元前4000年頃にはワインやビールの醸造、果樹栽培、精巧な装身具など必ずしも生活に必要ではないものの生産技術が発達もしています。

3. 古代エジプト文明の特徴とその生成過程

王権の発達

古代エジプトにおいて王権を象徴する主に赤冠やヘカ杖などは、先王朝時代から存在していました。

しかし、王朝開闢後、文字と図像を組み合わせた表現方法が発明されたことにより、それまでは漠としていた王朝の概念が明瞭になっていくことになります。
また、ピラミッドなどの大規模建築も王の権威を示すものになりました。

行政組織の発達

官僚組織は初期王朝時代ではまだ規模も小さく、名称などの定義も不明瞭でした。
しかし、古王国時代には徐々に大規模化・組織化していきます。

また、従来は王族が担っていた宰相職も王族以外が担うようになっていきます。

地方行政組織も古王国時代に整い始めます。
では、地方に王権の権威を示していたものは何か?
それは小さなピラミッドです。
中央にあるピラミッドの小型販を作ることで王の権威を示していたのです。

エジプト人のアイデンティティ

そして、王の権威が広まった結果、その領域内ではエジプト人という共通のアイデンティティが生まれます。
そうすると、『外国人』という概念が生まれることになります。

その結果、先王朝時代は友好的だったヌビア人との関係が王朝開闢後に悪化するという現象も起きています。
また、外国人を劣った存在と考えるのも王朝開闢に向かって強まったようです。

神々と神殿

先王朝時代にはそれぞれの地方にアミニズム的な神々がいましたが王朝統一に伴い、徐々に体系化・序列化されていくことになります。

植物や泥で出来た各地の神殿はレンガ造りの神殿へと作り替えられていきます。
新王国時代と違い、一部の神殿を除き、国家との結びつきは強くありませんでした。

しかし、古王国時代後半には王達が各地の地方神殿に『カーの祠堂』という祠を建て、それを足掛かりに少しずつ王権が関与していくようになります。

まとめ  『古代エジプト文明社会の形成』の魅力

いかがでしたか。

『古代エジプト文明社会の形成』の魅力はエジプト文明が徐々に醸成されゆく過程を様々な切り口から観察しているところです。
そして、その諸々の切り口が実は相互に関係し合い、ダイナミックな文明の変化を成しているのです。

本当に面白かったです。

古代エジプトがお好きな方もそうでない方も是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です