紀元前文学

紀元前文学

「怒り」VS「正論」の先にあるもの、『ヨブ記』。 なるべく簡単に、名言を含みつつまとめてみた。

こんにちは。 紀元前文学第15回、『ヨブ記』です。 旧約聖書の一部を成し、『諸書(ケスビーム)』に分類されます。現代的な観点から見た哲学的・文学的な深さがあり、ドストエフスキー、ゲーテ、キルケゴール等々数え切れない作家に…

紀元前文学

インドのイケメン王、ギャンブルで無一文になる。 『ナラ王物語』 ~あらすじ・感想を含めつつ~

こんにちは。 紀元前文学 その13です。『ナラ王物語』は、古代インド最大の叙事詩『マハーバーラタ』に含まれている中編物語です。 『マハーバーラタ』が編纂されていく過程において既に成立していた『ナラ王物語』が組み込まれたと…