UAE発、Abri and the Dreamfleetのアルバムについて。海と砂漠の間で揺蕩う、涼やかなグルーヴ

こんにちは。

Abri and the DreamfleetはUAEを拠点に活動するUAE、ウルグアイ、オーストラリア出身の3人組ユニットです。

https://scenenoise.com/Content/Articles/Big_image/637344495747983158_abri-and-the-dreamfleet.jpeg

サウンドとしては、インディーソウルが軸になっていると言えるでしょう。シルキーでスムースな質感が彼等の個性であり、武器であるように思います。

UAE出身のボーカリストAbriをはじめ、各メンバーは様々な名義で数多くのリリースをしているようですが、2021年5月現在、Abri and the Dreamfleetとしてのフルアルバムはまだ1枚のみリリースされています。

Abri and the Dreamfleetのアルバム:We Fly

本作の特徴は、欧米的なインディーソウルに寄せていることに尽きるでしょう。

臆することなく世界の中心を向いているような、潔い迫力を感じることができます。
この辺りは非中東出身の2人が主なトラックを作成していることに起因しているのかもしれません。

アルバムを通して、艶やかなテクスチャーがしっとりとした吐息のような色香を放っているのも特徴でしょう。
レゲエのスムースなグルーヴや中東の伝統楽器(ウード)がもたらすエキゾチックで涼やかな響きなどを必要に応じて取り入れつつも、全体のトーンは欧米的インディーソウルに統一されています。

また、時折カリブ海的なモノとアラブ的なモノをグルーヴ・旋律を取り入れ、暑い中での清涼感を感じさせる局面があるのが、良いアクセントになっています。

本作は「砂漠と海の間のどこかで彷徨うこと」をテーマに制作されているそうです。
確かに「放浪」というイメージを想起させるような孤独なロマンとノスタルジックな地平の広がりを感じさせるニュアンスが、ふんだんに含まれているようにも感じます。


砂漠と海。両極端なようでありながら、その実、UAEを象徴する自然の風景なのかもしれません。

何にせよ、「本格派」インディーソウルでありながら、その魂にはアラブの響きが刻まれているアルバムであると言えるでしょう。

主要参考サイト:Abri and the Dreamfleetのアルバムについて

https://scenenoise.com/Reviews/four-tracks-of-solid-gold-disco-infused-soul-pieces-by-abri-the-dreamfleet

https://scenenoise.com/Reviews/four-tracks-of-solid-gold-disco-infused-soul-pieces-by-abri-the-dreamfleet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です