転職活動期3 羅針盤を見定める(古代ギリシャの海辺風)

こんにちは。


少しダウナー気味になっていたこともあり、自分が今どこに向かっていて、どこに進むのが正解なのか分からなくなってきました。

文章にしながら整理したいと思います。

転職活動 面接に関する状況

現状

転職サイトを通して申し込んだ企業は23社。
そのうち面接までたどり着いたのは、5社です。

そして、そのうち3社は不採用。
1社はこちらから辞退。
1社は選考の結果待ちです。

どういった方向性で申し込んだのか

途中からは、主に2点に絞りました。

  • 英語を使える業界(営業等業種は問わず)
  • 広告・インターネットにかかわる業界

それぞれ反応はありました。ただ、面接をしていく中で、どちらにしてもこのままで面接を進めてよいのか迷いが生じました。

英語が使える業界

まず、自分の英語力が現状としては高くないことを改めて見せつけられました。
そして、英語を必要とされる業種でも営業系についてはあまり自分は向いていないだろうということです。

単に使えれば良いというものではないかと思います。

広告関係

こちらのほうが興味は強くなっています。
ただ、中途で未経験を採用してくれるところはなかなかなさそうだな、というのが面接を受けての実感ですね。

統括

正直なところ、このまま進めていいのかどうか迷っています。
何故なら、自分に適している職に出会えるのか、そもそもその椅子があっても座れるだけの能力が自分にあるのか分からないからです。

今後の方向性

すそ野を広げるべきか

現実的に考えて、今の職場に長期間いることはもうできないと思います。

同業他社の採用試験を受ける

とすれば、同じ業界の他社という手があります。
こちらは試験を通れば何とかなると思います。

しかし、同じような仕事をするのです。
煮詰まってくる可能性は高いでしょう。

ただ、自分のスタイルを変えれば多少なりとも変わる可能性はあります。
深く自分を見つめなおさなければ、長く持たないでしょう。

また、一時的な滞在先として受けない手はないとも言えます。
ただ、試験勉強に時間を割かなくてはいけません。

今の会社に復職

また、一時的に今の職場に復職するという手もあります。
ただ、それも長くは続かないでしょう。そのことは念頭に入れておかなくてはいけません。

より深く自分を見つめなおさなくてはなりません。

ただ、それってワクワクする?

何にも楽しくはないですよね。

その事実は絶対に踏まえておくべきです。

ワクワクするか?

そこは自分の胸に問いかけ続けないといけません。

ただ、その選択肢の先にワクワクすることはないのか? 真剣に考える必要もあるでしょう。

で、どうするの?

休職以降自分が得たもの

以前よりはコミュニケーションに対して前向きになったと思います。
また、傷つくことに対しての許容性も上がったと思います。
自分に正直に生きていたいと思うようになりました。

そして、自分が本当にしたいことが改めて見えてきました。

何かを生み出せるようになりたいのです。
そして、願わくばいろんな人に愛されるようになりたいとも思います。

究極的には、そんな人になれるように行動しなくてはなりません。
そのためのメリットになる行動をしなくてはいけません。

そのためには、時間配分が重要です。

目下、現実的に目指すべき方向

引き続き転職活動を続けます。

優先順位1

広告など、何かを創ることにかかわる業種

優先順位2

英語に関われる業種
※ただし、営業や調整に関わる仕事を避ける

優先順位3

その他面白そうな仕事

優先順位4

同業他社への転職

優先順位5

復職

やるべきことの優先順位

1位 知識を深めること・吐き出すこと

いろんなところに行く。いろんな人に会う。いろんなことを知る。
自分の知識を吐き出す。

これはおろそかにしてはいけないと思います。

最終目標に達するためにも、自分の精神状態を安定させるためにも。

2位 転職サイトからのエントリー

定期的に見ておくべきでしょう。
ただ、正直精神状態があまりよくないのでしばらくは申し込みはしないかもしれません。

3位 英語の勉強

経済的な問題もあります。
何をすればいいのか分からないのですが、まずはこのブログを英訳して翻訳してもらうアプリにあげてみたいと思います。

あとは、TOEICの勉強をしてみましょうか……。

4位 時事について学ぶ

これも転職中に思い知ったのですが、自分はあまり時事に明るくありません。
社会の仕組みを知ったほうが目先のメリットになるでしょうし、将来的にも役立つでしょう。

近くの公民館に読みに行こうと思います。

5位 同業他社への転職の勉強

あんまりしたくないのですが……仕方ありませんね。
今度テキストを買いましょう。

まとめ

現実的に出来ることと、最終的にたどり着きたい目標とのバランスをどう取るかでしょう。

そして、どんなに現実的な選択肢をとるとしても、目標にたどり着く行動をやべるべきではないでしょう。

ワクワクに少しでも多く触れ合えるよう、日々研鑽を積んでいく。

上手く言葉にできていません。
しかし、今の僕にたどり着ける結論としてはここが精いっぱいでしょう。

1 個のコメント

  • 休職を延長するケース
    3月中は引き続き療養を取り、就職活動はしばらく控える。

    休職を延長しないケース
    ただし、様子を見ながら自分の状況や人間関係で理不尽な目にあっていることは強く主張する。
    また、多少無謀でも早めの転職を目指さなくてはいけない。

    状況によっては辞めることも視野に入れる。
    いや、辞めるべき?

    状況に変動がなく、落ち着いているといえる状態になるまでは動くべきではないほうが良いとは思うが。
    医師の判断を待ちたい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です